アプリ開発は個人でも稼げる?副業として始めるべきか解説

KZ1796041_TP_V

近年ではサラリーマンの副業の一つとしてアプリ開発が注目を浴びることが多くなっています。一度開発してAppストアやGooglePlayストアでリリースし、継続的な課金収入・広告収入が得られれば、立派な収入源になるでしょう。

ですが、現役のエンジニアであっても個人でアプリ開発をして稼ぐことは簡単ではありません。今回は、個人が副業として取り組むアプリ開発について、そのやり方や注意点について取り上げていきます。

アプリ開発で稼げる仕組みとは?

アプリ開発で稼ごうと思うなら、アプリ内課金を用意して追加機能にお金を払ってもらったり、あるいはアプリ自体を有料化してしまうという手があります。もしくはアプリ内に広告を配信し、広告料で収入を得ることも一つの手段です。

そのほかにも、有料で開発を請け負うという形で収入を手にすることも不可能ではありません。個人や企業から依頼を受けて、希望通りのアプリを開発し、公開するわけです。ただしこの方法は、時間も人手も限られている個人には難しいでしょう。

個人がアプリ開発で稼ぐのは難しい理由

「アプリ内課金や広告収入狙いなら、個人でもできるんじゃないの?」と思われるかもしれません。しかし、個人が作ったアプリも企業が作ったアプリも、同じアプリストアからダウンロードされる今の状況では、クオリティに劣る個人が勝てる見込みはどうしても薄くなってしまいます。

また、昨今ではアプリ開発環境が充実してきたことにより、アプリ開発に挑戦しようとする個人や中小企業が増加していることも問題です。ライバルの数が多くなれば、必然的に一つひとつのアプリへの注目度は下がってしまうため、個人では厳しい戦いにならざるを得ないのです。

アプリ開発を成功させるために必要なこと

それでも個人でアプリ開発を成功させたいと考えるなら、ライバルの少ないアプリジャンルで勝負したり、あえてチープさを押し出してユーザー獲得を狙うなど、これまでにないアイデアを生み出すことがポイントになります。

「こういう機能があるメモアプリがほしい」「だけど企業はなかなか作ってくれない」というニッチなニーズがある分野で勝負すれば、一気にファンを獲得して収入アップにつながることも不可能ではありません。

まとめ

私たちイーディーエーは、スマホアプリ開発を専門として事業を展開している会社です。個人では実現するのが難しいクオリティのアプリ開発にも携わり、これまで大手企業を始めとする多くのクライアントのニーズにお応えしてきました。

「アプリの開発に興味がある」「だけど自社ではなかなか難しい」という場合には、私たちのようなアプリ開発の専門家集団にご依頼ください。売上向上や集客アップを実現するアプリを、一緒に作っていきましょう!

野口 哲徳
アシスタントディレクター。サポート業務を担当しています。
趣味は読書と自転車とアウトドア。キャンプギア集めにハマってます。
腸活やプロテインに詳しい健康オタク&筋トレ好き。
ミニマリストに憧れて断捨離始めました。