Flutterによる
クロスプラット
フォーム開発


複数のプラットフォームで動くアプリをFlutterによる開発で、

通常のスマートフォンアプリ開発よりも大幅に早く、

圧倒的に高品質でお届けします。

fulutterアプリイメージ①

Flutterとは

Flutterは、Googleによって開発されたアプリケーションのフレームワークです。
クロスプラットフォームに対応しており、1つのコードで複数のプラットフォーム(iOS、Android、Web、Windows、Mac、Linux)に対応したアプリケーションを開発することができます。

Flutter開発のメリット

開発スケジュールの
短縮が可能

Hot Reload(プログラム内容
を修正すると、すぐに画面へ
反映される)を使って、高速
に開発が可能に。コンパイル
する手間がかからず開発スピ
ードの向上に繋がります。

クロスプラットフォーム
開発が可能

アプリの通信・更新など共通
処理はすべてのプラットフォ
ームから同じものを参照でき
るため、それぞれの言語で
別々に開発する必要がありま
せん。

Nativeとの連動が
柔軟に可能

通知機能などOSに大きく依
存する機能をNativeと連動し
て開発することが可能です。

edaのFlutter開発

1.開発工数の圧縮が可能

開発工数が少なくすむため従来の開発より開発費の削減、期間の短縮が可能。また、共通化により変更等に対応しやすくなり、保守性も向上し、品質の高いアプリを構築することができる。

2.パフォーマンスの向上

Flutterは基本的にはiOS・Android共に同じコードで動作します。そのため、各OS間の差をほとんど意識することなくコードを書いていけるので開発をスピーディーに進める事ができます。

3.Flutterエンジニアチーム

edaではFlutterのサービスリリース時から積極的に導入を行い、専門チームが存在します。現在までに3つのアプリを開発しており、今後開発を積極的に行なっていきます。

制作実績