【非エンジニアの方へ】なぜFlutterを使うとiOSとAndroid両方の開発ができるのか?

210422_eda_blog.001

こんにちは、阿部です。

 

今回は非エンジニアの方向けに、Flutterの特徴について触れつつ、
「なぜFlutterを使うとiOSとAndroid両方の開発ができるのか?」ということについて解説したいと思います。

 
 

クロスプラットフォームとは

FlutterはGoogleが開発しているクロスプラットフォームの開発ツールです。
まずは「クロスプラットフォーム」という単語について少し触れておきたいと思います。

Flutterで作ったアプリはiOS、Android、さらにはWebアプリとして動かすことができます。
さまざまな環境で動かせるアプリが登場したことで、クロスプラットフォームという単語が使われるようになりました。
クロスプラットフォームという単語は、「複数の環境で動く」ということだと捉えてください。
つまり、クロスプラットフォームのアプリとは複数の環境で動くアプリということです。

210422_eda_blog.002

対して、それぞれの環境専用のアプリを「ネイティブアプリ」といいます。
クロスプラットフォームの開発では、それぞれの環境ごとの対応が必要になる場合も多く、「ネイティブ」という単語を使うことが頻繁にあります。
この場合の「ネイティブ」というのは「それぞれの環境専用で動く」ことだと捉えてください。

210422_eda_blog.003

 
 

Flutterは独自のUIで表示できる

モバイルアプリをクロスプラットフォームで開発する方法はFlutter以外にも、React NativeやXamarinなどいくつかあります。
その中でもFlutterはUIの表示を独自で行なっているという特徴があります。

React Nativeは環境によって表示のされ方が違うのに対して、Flutterでは全く同じ表示を行うことができます。
同じ表示ができるのは、それぞれの環境の上にFlutter側の表示処理がされているからです。

210422_eda_blog.004

開発する際のメリットとしては、環境ごとの画面上の不具合が発生しにくくなるという点があげられます。
一つのコードでクロスプラットフォームが実現したとしても、環境ごとに表示が違うとなると考慮するべき点はたくさんあります。
しかし、同じ見た目で表示できることで、環境ごとに考慮しなければならない点が大幅に減ります。

逆に、Google製のツールなので、デフォルトだとAndroid寄りの見た目になるというデメリットもあります。
ただし、使用しているOSの情報を取得して、ネイティブ開発のようにiOSとAndroidで表示を切り替えることもできます。
iOSでよく見るUIパーツなども用意されているので、実装すればネイティブ開発をしたかのように見せることもできます。

また、Flutterを通して表示しているので、開発中であれば Android端末でiOS風のUIを表示したりといったこともできます。
(普通はやりませんが、独自で表示している証拠です)

210422_eda_blog.005

 
 

ネイティブとの連携が強い

Flutterはネイティブとの連携が強いのも特徴です。
Swift(iOS)やKotlin(Android)などのネイティブのコードを書いて Flutter側で使ったり、Flutterでの値をネイティブに渡したりといったことができます。

実はプロジェクトファイルは全て独自のファイルが存在するという訳ではなく、iOSとAndroidのプロジェクトファイルが内包されています。

210422_eda_blog.006

それぞれの環境でビルドをする時は、それぞれのプロジェクトファイルが実行されています。
なので、それぞれのプロジェクトファイルをまるでネイティブ開発かのように開くことができます。
ネイティブのコードを組み合わせる場合は、それぞれのプロジェクトファイルを使って開発していきます。

210422_eda_blog.007

210422_eda_blog.008

Flutterプロジェクト自体を開く際はAndroid StudioかVisual Studio Codeなどで開きます。

210422_eda_blog.009

 
 

まとめ

■クロスプラットフォームとは

・クロスプラットフォームのアプリとは複数の環境で動くアプリのこと
・アプリ開発での「ネイティブ」という単語は「それぞれの環境専用で動く」ことだと捉える

 

■Flutterは独自のUIで表示できる

・React Nativeは環境によって表示のされ方が違うのに対して、Flutterでは全く同じ表示を行える
・同じ見た目で表示できることで、環境ごとに考慮しなければならない点が大幅に減る

 

■Flutterはネイティブとの連携が強い

・SwiftやKotlinなどのネイティブのコードを動かせる
・iOSとAndroidのプロジェクトファイルが内包されている

 
 

それぞれのプロジェクトファイルが内包されていることを理解すると、なぜiOSとAndroid両方の環境で動くのかがイメージしやすくなったのではないでしょうか?

Flutterを使って両方の環境で動くコードを書くものの、実際にビルドする際にはネイティブ開発と同じものが動いています。

アプリ開発に関わる人はエンジニアだけではありません。
エンジニア以外の方もFlutterの仕組みを知ることで、開発に関わる仕事のお役に立てれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

阿部鳳駿(アベタカトシ)
FlutterやiOSのエンジニアをしています。
ネイティブの開発より楽しいので、最近はFlutterの開発を担当することが多めです。
もともと東京で働いていたものの、フルリモートになってからは実家の山形で仕事するようになりました。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ製作・開発会社です。
一般アプリ業務用アプリからVRアプリまで開発可能。

求人情報

スマホアプリ製作・開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00