巣ごもり需要で動画配信市場が活性化!約20%のアプリDL数増加も

business-926221_1280

新型コロナの影響を受けて、業績が悪化している業種は少なくないようです。特に観光業やホテル業では大きな打撃を受けているとか。日本全体でも緊急事態宣言が出されましたが、この状況でも業績を伸ばしている市場というのが存在します。

たとえば、スーパー・コンビニ・ドラッグストア、在宅で楽しめるゲーム市場などです。そしてもう1つ、プラスの影響を受けているのが動画配信市場です。今回は、そんな動画配信市場の最新データを紹介します。

2020年2〜3月はアプリDL数20%アップ

App Annie Japan 株式会社による4月30日のプレスリリースによれば、2020年2月から3月まででアプリ全体のダウンロード数が約20%増加しているとのこと。特にエンタメ系アプリのダウンロード数は、昨年同時期と比べて約28%の増加を記録していると言います。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000139.000011276.html

世界に目を向けてみても、エンタメ系アプリの平均課金額が2020年1月から3月で2%の増加を記録。日本では15%もの伸びだったそうです。多くの人が外出を控えて巣ごもりする傾向にある中で、エンタメ系アプリの市場が大きく成長している状況です。

動画配信市場では3ヶ月で約2600万時間の増加

アプリのダウンロード数が伸びているだけではなく、ユーザーの利用時間も増加しているそう。2020年1月から4月にかけて、エンタメ系アプリの利用時間は15%増加、時間にして約2600万時間に達します。

私たちがスマホを使っている時間のうち、エンタメ系アプリを使う時間が大幅に伸びているわけですね。具体的には、プロ野球の公式戦を無料配信したParavi、次いでAmazonプライムビデオ、そしてNHKプラスが上位に入っています。

「Disney+」上陸でさらに盛り上がる可能性も

日本の場合、2020年下半期には黒船「Disney+」が上陸する予定。新たな大手配信サービスが登場することによって、日本での動画配信市場の競争が激化することが見込まれています。

実際、海外では「Disney+」の提供初日で500万ダウンロードを記録したほど。新型コロナの影響下で、「Disney+」の上陸による国内の動画配信市場の変化に注目が集まりそうです。

まとめ

私たちイーディーエーでもリモートワークによる勤務など新型コロナの影響が出ていますが、市況としては確実にアプリ業界への追い風が吹いていると言えます。

都内でアプリ開発の発注を考えているなら、ぜひ私たちにご相談くださいね。

野口 哲徳
アシスタントディレクター。サポート業務を担当しています。
趣味は読書と自転車とアウトドア。キャンプギア集めにハマってます。
腸活やプロテインに詳しい健康オタク&筋トレ好き。
ミニマリストに憧れて断捨離始めました。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ製作・開発会社です。
一般アプリ業務用アプリからVRアプリまで開発可能。

求人情報

スマホアプリ製作・開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00