アプリ制作会社として「Flutter」を導入すべき3つの理由

by

PA151026164012_TP_V

1つのコードでiOS、Android向けスマホアプリの開発が可能になるFlutter(フラッター)。当社でもFlutterアプリ開発に取り組んでおり、工数・コストの削減と、アプリのクオリティアップを目指しています。

そんなFlutterを採用するアプリ開発会社として、アプリ開発をするならぜひFlutterを導入すべきだと思う理由をまとめます。

開発工数の削減、時間短縮が可能

Flutterを使うことで、1つのソースコードで各プラットフォームに対応したアプリの開発が可能になります。iOS、Android向けアプリはもちろん、WEBアプリやデスクトップアプリへの応用も可能です。

単純に考えれば、これまでの半分以下の工数に削減されるため、開発期間の短縮につながります。労働生産性の向上にもつながり、同じ時間をかけてもより大きな成果を手にできるメリットがあるんですね。

エンジニア間の意思疎通が容易に

iOS、Android向けアプリを1つのコードで開発できるということは、従来は社内でiOSチームとAndroidチームの2つ存在していたところを、Flutterアプリ開発によって1つのチームに統合できるということでもあります。

社内やチーム間の意思疎通のコストが不要になり、より円滑なコミュニケーションが取れるようになります。これによりさらに開発スピードが向上する効果も期待できるでしょう。

人材リソースの有効活用が実現

Flutterは、Widgetの扱い方を習得することで初心者エンジニアでも開発に参加しやすくなる傾向もあります。ベテランエンジニアの負担を軽減して、より重要なプロジェクトに参画してもらうなど、理想的な配分で人的リソースを活用できるのもFlutterのメリットです。

初心者エンジニアはスキルアップを実現し、ベテランエンジニアは重要なタスクだけに集中できる。これほどのメリットを備えた開発ツールは他にありません。

まとめ

実際、私たちイーディーエーでもFlutterを社内言語として採用を進め、開発業務に活用しています。従来と比べると、開発スピードもアプリのクオリティも向上したと確信しています。

都内でアプリ開発を外注できる制作会社を探しているなら、ぜひ当社にご相談ください。一緒に理想のアプリを作っていきましょう!

野口 哲徳
アシスタントディレクター。サポート業務を担当しています。
趣味は読書と自転車とアウトドア。キャンプギア集めにハマってます。
腸活やプロテインに詳しい健康オタク&筋トレ好き。
ミニマリストに憧れて断捨離始めました。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ製作・開発会社です。
一般アプリ業務用アプリからVRアプリまで開発可能。

求人情報

スマホアプリ製作・開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00