【社員インタビュー】クライアントとエンジニアの橋渡し役!女性ディレクターに聞いたedaの特徴

DSC_5976-Edit

プロフィール:小林蘭世 保険会社で6年勤めた後、ゲーム好きだったことからゲーム会社へ転職し2年勤務。現在はクライアントとエンジニアチームとの折衝を図るedaのディレクターとして、開発に携わっている。

Q.前職は何をされていましたか?

スマホ向けカードゲームアプリのゲームプランナーをしていました。主にゲームの企画や管理ですね。スケジュール管理からガチャシステムの管理、キャラクターの管理にも携わっていました。デザイナーが人手不足だったので、カードやアイテムのちょっとしたデザイン・編集業務も手伝ったことがあります。エンジニアのサポートをしたこともあって、PHPで画像修正なども担当しましたね。

ただサーバーが海外にあって、問題が発生した時にすぐ対応できず大変な思いをしていました。そんな時に「ITについてもっと勉強したい!」と思って転職を決意。ゲームアプリ以外にも幅広く製作していたedaに魅力を感じて入社しました。

Q.女性から見たIT業界はどんな感じ?

前職のゲーム会社のエンジニアさんたちは、チャットのみで会話をすませる人が多かったんですけど、edaに入社してからはそのイメージが覆されたのを覚えています。エンジニアさんもそうですが、ディレクターの方々もみんな話しやすくて、コミュニケーションが取りやすい職場だと感じました。edaはゲーム以外にも、たとえばダイエットアプリの制作なども手がけているので、女性目線でものをつくることができるのは魅力ですね。

Q.主な仕事内容を教えてください。

お客さんとエンジニアチームとの橋渡し役を務める「ディレクター」として働いています。お客さんから「こういうものをつくりたい」と希望を伺って、設計書に起こし、エンジニアさんに見てもらうまでを担当しています。開発スケジュールを組んだり、進捗を確認したりするのも私の仕事です。開発が終わってからも、しっかり運用できるかテストする役割を担っています。お客さんとのやりとりが多い立場なので、「お客さんは何を求めているのか?」「何をしたいのか?」といったニーズを汲み取るコミュニケーション力が必要な職種だと思います。

Q.会社の雰囲気はどうですか?

以前勤めていたゲーム会社では、本当に静か〜な雰囲気だったんですけど、edaは明るく活発なイメージがありますね。若手からベテランまでさまざまな年代の人がいるにも関わらず、仲が良くて常に誰かが誰かとコミュニケーションを取っている感じです。静かというよりは、賑やかという言葉の方が当てはまると思います。また、お花見やボーリング大会、BBQといった社内イベントも多いんですが、社員参加率が非常に高いのも特徴だと思います。いつも和気あいあいとしていて、楽しい雰囲気ですね。

Q.最後に求職者さんに一言お願いします!

ディレクターの主な仕事は、お客さんやエンジニアさんとコミュニケーションを取ることです。なのでコミュニケーション力を持った方であれば、活躍しやすいと思います。また、アプリという作品をつくるにあたって、スケジュールの調整など全面的に開発に関わることになりますので、ものづくりの1から10まで口を出したいって方に向いているんじゃないかと。自分が考えていること、自分がやりたいと思っていることをどんどん発言し、実現しようとする人はぜひedaに来てくださいね!

ありがとうございました! 社員インタビューは随時アップしていきますのでお楽しみに!

ディレクター。
主にプロジェクトの進行管理やドキュメントの作成を担当しています。
プログラミングやWEBの知見も深める為、絶賛勉強中です。
自然が好きでいつか北海道に住みたい。