【社員インタビュー】インドア派プログラマーのプライベートの過ごし方と仕事哲学を取材!

DSC_6103

プロフィール:小林良 プログラマー。専門学校でプログラムを専攻。edaで1ヶ月間インターン研修を受けた縁で、2016年4月に新卒で入社。現在はAndroidアプリ開発に携わっている。

Q.edaを知ったきっかけは?

専門学校時代に紹介されたインターンで、edaがインターン先だったのがきっかけです。インターン終了後、新卒で入社することになりました。

Q.入社前に不安はありましたか?

特になかったですね。インターンでしばらくアルバイトとして仕事を経験していたので、大体の雰囲気をつかめていたおかげかもしれません。新卒で入社後も、大きな不安を感じるということはありませんでした。

Q.edaの特徴はどんなところ?

開発にスピード感があるところだと思います。

Q.好きなところは?

フレックスタイム制を採用しているところですね。定時出社・定時退社と比べて時間の融通が利くので、働きやすいと感じています。

たとえば午前中に用事がある時にも、半休を取らずに仕事を続けられますし。時間に余裕を持って働けるのが、この会社のいいところだと思っています。

Q.会社の課題と感じるところは?

開発者同士の連携でしょうか。

現在は1案件につき1人が担当するというプロジェクトが多くを占めています。でも、今後大きなプロジェクトを手がけるようになった時、エンジニアがチームを組んでうまく連携を取れるかというところに、課題を感じています。

Q.その課題をどうやったら克服できると思いますか?

「日頃からしっかりとコミュニケーションをとる!」に尽きると思います。

Q.入社後の忘れられないエピソードはありますか?

ハッカソン(マラソンのように集中的にプログラミングを行なうイベント)の合宿ですね。

合宿先でWifiが繋がらず、大変な思いをしたことが記憶に残っています。ほかにもいろいろとエピソードはありますが、ここではちょっと語れません(笑)。

Q.今後、会社や自分をどうしていきたいと思いますか?

やっぱりプログラミング、開発面を伸ばしていきたいと思いますね。アプリの開発会社として、これまで以上にしっかりとした組織になれたらと思います。

Q.これから挑戦してみたいことはありますか?

自社開発アプリの制作です。Androidの自社開発はまだなかったはずなので、オリジナルのAndroidアプリ開発をやってみたいと思っています。

あとは、普段プロジェクトの中では使わないような、専門的で難しい技術とか、プログラミング言語にもチャレンジしてみたいですね。

Q.休日はどのように過ごしていますか?

休みの日は昼まで寝てる時もあれば、夜通しゲームしてる時もあります(笑)。

Q.会社の仕事以外で、社外活動や趣味はやっていますか?

私の場合は、週末を使って行きつけのラーメン屋に行くことが楽しみの1つになっています。あとは秋葉原や神保町に足を運んで、プログラミング系の本を読むのも日課ですね。

プログラマーの同僚の中には、アウトドア系の趣味を楽しんでいたり、もっとアクティブに活動していたりする人もいるみたいですよ。

Q.働く上で大切にしている考え方は?

「無理なものは無理」です。

一見、ネガティブで後ろ向きな考え方に思えるかもしれませんが、「自分では無理だ」と思った時に、素早く周りに助けを求められるかが重要だと考えています。仕事は1人でやるものではなく、社員みんなで回すものですからね。

ありがとうございました! 社員インタビューは随時アップしていきますのでお楽しみに!

アシスタントディレクター。
主にプロジェクトの進行管理やドキュメントの作成を担当しています。
自然豊かな場所と激辛な食べ物が大好きです。
カプサイシンを求めて日々生活しています。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ製作・開発会社です。
一般アプリ業務用アプリからVRアプリまで開発可能。

求人情報

スマホアプリ製作・開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00