【2019年版】今一番稼げるプログラミング言語って?ランキングTOP10

KOKO85_burankonorutwint_TP_V

アプリ開発に携わる者にとって、割と気になるのが「稼ぎやすいプログラミング言語はどれなのか?」という問題です。プライベートで新たなプログラミング言語を学ぶなら、せっかくなら稼げるポテンシャルが高いものを選びたいと思うのが本音です。

そこで参考になるのが、開発者向けコミュニティ「Stack Overflow」が2019年初めにまとめた「Developer Survey Results 2019」です。こちらをもとに、人気のある言語や稼げる言語についてみていきましょう。

最も人気を集めるプログラミング言語TOP10

まずは最も人気を集めるプログラミング言語(Most Popular Technologies)です。

1位:JavaScript(67.8%)
2位:HTML/CSS(63.5%)
3位:SQL(54.4%)
4位:Python(41.7%)
5位:Java(41.1%)
6位:Bash/Shell/PowerShell(36.6%)
7位:C#(31.0%)
8位:PHP(26.4%)
9位:C++(23.5%)
10位:TypeScript(21.2%)

まずダントツなのがJavaScriptですね。JavaScriptのランキングトップは7年連続のことだそう。JavaScriptはWebアプリ開発で使われる言語ですし、スマホでも利用できる「ハイブリッドアプリ」の開発にも役立ちます。

最も愛されているプログラミング言語TOP10

次は最も愛されているプログラミング言語(Most Loved Languages)です。

1位:Rust(83.5%)
2位:Python(73.1%)
3位:TypeScript(73.1%)
4位:Kotlin(72.6%)
5位:WebAssembly(69.5%)
6位:Swift(69.2%)
7位:Clojure(68.3%)
8位:Elixir(68.2%)
9位:Go(67.9%)
10位:C#(67.0%)

システムプログラミングに用いられるRustが、4年連続でトップに位置しているそうです。最も人気を集める言語でも第4位だったPythonは、エンジニアに愛される言語でもあることがわかりますね。iOS向けスマホアプリ開発で必須のSwiftも、上位にランクインしていることに注目です。

最も稼げるプログラミング言語TOP10

最後に、最も稼げるプログラミング言語(Top Paying Technologies)をみてみましょう。

1位:Clojure($90k)
2位:F#($80k)
3位:Go($80k)
4位:Scala($78k)
5位:Elixir($76k)
6位:Ruby($75k)
7位:WebAssembly($73k)
8位:Rust($72k)
9位:Erlang($71k)
10位:Bash/Shell/PowerShell($69k)

カッコ内の金額は中央値を示します。第一位のClojureを扱うエンジニアの中央値は90ドル、日本円にして約960万円になる計算です。日本生まれで日本人にとって学習しやすいRubyに関しても、上位に位置していることは注目ですね。

まとめ

スマホアプリ開発を専門としている私たちイーディーエーでも、さまざまなプログラミング言語を習得したエンジニアが集結し、最高のアプリ開発に携わっています。

「こんなアプリって実現できる?」という相談も歓迎していますので、気軽にお問い合わせください!

野口 哲徳
アシスタントディレクター。サポート業務を担当しています。
趣味は読書と自転車とアウトドア。キャンプギア集めにハマってます。
腸活やプロテインに詳しい健康オタク&筋トレ好き。
ミニマリストに憧れて断捨離始めました。