どうやって選ぶ?委託するアプリ開発会社を見極めるポイントとは

Businessman holding hologram with social media network icons - Social media networks concept including Google Plus, Facebook, Twitter, Pinterest, Instagram, Youtube and other major industry players

新たにアプリ開発を考える場合、自社内で開発チームを立ち上げるよりも、アプリ開発を専門に手がける会社に委託したほうが、コストを抑えて高品質なアプリを作りやすくなります。

とはいえ、初めてアプリ開発に挑戦する場合、「どの会社に頼んだらいいのだろうか…」と悩んでしまうことも多いもの。そこでこの記事では、アプリ開発を委託しようと考えた場合の、開発会社の選び方についてお伝えしていきます。

コスト、実績、品質、スピードのバランスで選ぶ

アプリ開発のパートナーとなる開発会社を選ぶ際には、さまざまな要素を加味して総合的な視点で判断を下すことが大切になります。たとえば、あまりに価格が安い会社だとクオリティもそれなりのものになってしまうことがありますし、納期が早いからといって自分たちの求めるアプリを的確に提案してくれるとは限りません。

見積もりで提示された開発コストが予算内に収まるか(コスト)、これまでに手がけてきたアプリにはどんなものがあるか(実績)、目標とする公開日までにクオリティの高い作品を生み出せるか(品質とスピード)。

これらのバランスを重視して開発会社を比較検討することがポイントになるのです。

最適なアプリ開発会社を探すには?

初めてアプリ開発会社を探そうとする場合、まずはインターネットで「アプリ開発 委託」「アプリ開発 外注」といった言葉で検索する方法が一般的です。その際には1社だけに問い合わせて即決するのではなく、3社、5社と複数の会社に見積もりを出してもらって、比較検討することがポイントになります。

あるいは、付き合いのある会社や友人に「紹介」してもらうという方法もおすすめです。知り合いの人がすでにお世話になっている会社になら、安心して開発を任せられるでしょう。

アプリ開発を委託する際の注意点

初めてアプリ開発を委託しようと考える時、見落とされがちなのが「アプリは公開して終わりではない」ということです。もちろんゼロから新しいアプリを開発することも大事ですが、公開した後のメンテナンスやサポートのほうが、実は重要な作業だったりするのです。

したがって、「アプリの公開がすんだらそれでおしまい」という心構えでいるのではなく、「長期的にサポートしてもらう必要がある」ということを念頭に置いて開発に進むようにしましょう。

そうすることで、開発チームとの認識の食い違いを防ぎ、予算に対する考え方もすり合わせていくことができるはずです。

まとめ

私たちイーディーエーも、スマホアプリ開発を専門に手がける会社として開発の依頼を受け付けています。コスト面やクオリティ面で他社と比較した上で当社を選んでいただけるように努めていますので、気になる方はぜひお問い合わせください。

私たちと一緒に、長く愛されるアプリを生み出しましょう(^ω^)/

野口 哲徳
アシスタントディレクター。サポート業務を担当しています。
趣味は読書と自転車とアウトドア。キャンプギア集めにハマってます。
腸活やプロテインに詳しい健康オタク&筋トレ好き。
ミニマリストに憧れて断捨離始めました。