Wordより便利!ビジネス文書の下書きに「テキストエディタ」のススメ

by

1

ビジネス文書を作成するソフトといえば、MicrosoftOfficeのWordを連想する方が多いでしょう。昔から使っているソフトだからと、ちょっとしたメモやブログ記事の下書きに使っている方もいるかもしれません。

しかし、ビジネスシーンで使うならWordよりも「テキストエディタ」を使った方がずっと効率的です。その理由をご紹介しましょう。

1.Wordよりも動作が軽い

最速の仕事術はプログラマーが知っている』という本で、著者の清水氏は次のようなことを述べています。

「プログラマーは論文や原稿などといった文書を書くときも、必ずと言っていいほどテキストエディタを使う。
なぜならテキストエディタの方がワードプロセッサよりも圧倒的に速く動作し、圧倒的に快適だからだ。」

効率性を求めるプログラマーにとっては、動作が軽くて快適に文字入力できる環境が不可欠。Wordは便利な機能が豊富な分、動作にモタつくことが少なくありませんが、シンプルな機能に絞ったテキストエディタなら軽快に文章を作成することができるのです。

2.文字数カウントや置換機能が便利

テキストエディタの便利なところは、プログラミングに使われるソフトならではのありがたい入力支援機能が付属している点です。

たとえば、多くのテキストエディタではリアルタイムで集計してくれる文字数カウント機能がついています。「300文字まで」などと制限が課せられた文書作成をしなければいけないシーンでは、地味に活躍する機能の1つです。

強力な置換機能を備えているものも少なくありません。とりわけ正規表現を使える文字列置換機能を持ったエディタを使うと、カッコに囲まれた文字だけを一括で置換したり、行頭の空白や改行を一括で挿入したりと便利な使い方もできます。

3.エディタによっては全角⇔半角も一発で

ちなみに、私はMacのテキストエディタアプリ「CotEditor」をよく使っています。CotEditorの場合、ショートカットキーを割り当てることで全角の英数字を半角へ一括変換することが可能です。

選択範囲のひらがなを一括でカタカナに変換したり、その逆もできたりと、プログラマー以外のビジネスパーソンが使っても業務効率化につながりそうな機能ばかり。もちろんWindows版にもテキストエディタは多く存在しますので、ぜひお試しください。

まとめ

アプリ開発の現場でも、業務を効率化して生産性を上げることは最重要課題の1つです。そのためには、ちょっとした文書作成でもテキストエディタを使うようにするなど、細かな工夫が求められるものです。

効率的なアプリ開発を希望するなら、私たちイーディーエーにお声がけください。限られた納期で最高のアプリをご提供できるよう、チーム一丸となって開発に取り組んでいます!

野口 哲徳
アシスタントディレクター。サポート業務を担当しています。
趣味は読書と自転車とアウトドア。キャンプギア集めにハマってます。
腸活やプロテインに詳しい健康オタク&筋トレ好き。
ミニマリストに憧れて断捨離始めました。