店内どこでも決済可能!ローソンスマホペイの機能を更新

a2a3711a66a7de82950c727b1fa0b4e8_m

コンビニでちょっとした買い物や公共料金の支払いなどをしている人も多く、私たちの生活に欠かせない存在となっているコンビニ。
ですが朝の忙しい時間帯などではレジ前に多くの人が並び、中々購入するまでに時間がかかってしまう事もありますよね。
そんな中コンビニ業界大手のローソンは、生産性向上を目的に2018年4月より東京都内3店舗で「ローソンスマホペイ」の実証実験をしており、混雑時における顧客のストレス軽減や店舗でのレジ対応の省人化を図っています。

このローソンスマホペイは現時点では9店舗のみの実施となっていますが、これからどんどん実施店舗は拡大していく予定との事です。
そこで今回は「そもそもローソンスマホペイとは何なのか」そして本日より追加された「ローソンスマホペイの新機能」についてお話します。

 

そもそもローソンスマホペイとは?

「ローソンスマホペイ」とは店内どこでも決済できるサービスの事です。
利用者自身が商品のバーコードをスマホのカメラで読み取る事で、レジに並ぶ事なくスムーズに商品を購入する事ができます。

使用方法は簡単で、まず事前にローソン公式アプリをスマホにダウンロード。
その後、下記4つのステップを踏む事で簡単に使用する事ができます。

1 ローソンスマホペイで入店
入店の方法は以下どちらかの方法を使用します。
・Bluetoothによる自動検出
・店舗に掲示されているQRコードを読み取る

2 商品登録
商品についているバーコードを読み取るだけです。
※ただし、お酒やタバコなどの年齢確認が必要な商品やバーコードがない商品、店員の対応が必要なハガキの購入や収納代行など一部対象外の商品やサービスもあります。

3 スマホで決済
購入したい商品を登録し終わったら「この商品を購入する」を選択。
希望の決済手段を選択して購入を完了します。

4 QRコードをかざして退店
決済完了後、店舗に設置されている読み取り端末にスマホに表示されたQRコードをかざして退店手続き完了です。

この4つのステップを踏むだけでレジに並ぶ事なく買い物ができます。
レジの混雑状況などを気にする事なくサクッと購入する事ができるのは通常時はもちろん、通勤などで急いでいる時にもありがたいサービスですよね。

 

本日よりさらに使いやすくなった機能

商品の購入から決済までスムーズに自分のペースで行う事のできるローソンスマホペイですが、本日11月26日より機能が更新されました。更新内容は以下の通り。

・今までのローソンスマホペイの決済手段は「クレジットカード」「Apple Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」でしたが、そこに「LINE pay」が新たに追加。
・クレジットカードで支払う際、セキュリティコードの入力が必要なくなる。
・楽天IDを活用した決済で必要だった支払いまでのステップが、決済時に自動的に「楽天ペイ(アプリ決済)」の支払い画面が開くようになった事で短縮される

など、決済時にかかる手間も更に少なくなりました。

「ローソンスマホペイ」は現時点で9店舗の実施となっていますが、2018年度末までには東京都内を中心に100店舗での導入を目指しているそうです。
ローソンは2018年を「デジタル元年」と位置付け積極的にIT技術を活用したサービスを展開してきましたが、これからもその流れは加速していきそうですね。

 

終わりに

ローソンに限らず、これからもスマホアプリと私たちの日常がより強い結びつきを築いていくことは確実な事だと言えるでしょう。

私たちイーディーエーは、これからも進化していく時代に対応したアプリ開発を行っていきます。
アプリ開発にご興味のある方や、アプリ開発でお悩みの方は是非イーディーエーまでお問い合わせください(^O^)!

笹尾 朋民
アシスタントディレクター、サポート業務を担当。
趣味は「料理」「読書」「ダンス」など浅く広く。
絵を描くのが好きで、無心になりたい時は何時間でも描き続ける。
好きな犬種はゴールデンレトリバー。
好きな番組は「月曜から夜ふかし」フェフ姉さんのコーナーが特に好き。