Hondaと初音ミクがコラボ!スマホアプリ「osoba」

pexels-photo-280310

世界的に有名な本田技研とニコニコ動画でお馴染みのドワンゴが11月15日「osoba(オソバ)」というiPhone向けのアプリを共同開発したと発表しました。

今回はそんな世界的にも有名な、本田技研とドワンゴが共同開発した「osoba」について、現在わかっている事をお話します。

本田技研とドワンゴが共同開発したアプリの「osoba」

「osoba」は4月に発売されたホンダのミッドシップ・オープンスポーツ軽自動車「S660」のセンターディスプレイ装備者向けに開発され、USBを経由して取り出した車速・走行距離・外気温などの車両情報をもとに適切なタイミングでボーカロイドの初音ミクが発話、音声で情報提供をしてくれるという無料アプリです。
バーチャルシンガーの初音ミクは楽曲などを含め世界的に根強いファンがついているので、初音ミクがドライブ中に発話してくれるだけで楽しい気持ちになる方もいそうですよね。

公式サイトでは「ドライブ時に楽しめるような楽曲」がテーマの「初音ミク楽曲コンテスト」が開催され、大賞曲は1月中を目処に発表予定となっています。
また、明日11月22日の21:30からはニコニコ生放送を行い、その後も情報を順次公開していくそうなので気になる方はチェックしてみてくださいね。

「osoba」公式サイトはこちら

終わりに

今回本田技研とドワンゴが共同開発したアプリでは、さらにドライブを楽しめるサービスが追加されていく事は間違いなさそうですし、今後どのように進展していくのかなども楽しみなところです。
また、個人的には数あるボーカロイドの楽曲の中から、何が大賞曲に選ばれるのかなどについても興味深々です(^ω^)

アプリ開発にご興味のある方や、これから「こんなアプリ開発をしたい」とお考えの方は、是非イーディーエーまでお問い合わせください。
私たちと一緒に様々なアプリ開発をしていきましょう♪

笹尾 朋民
アシスタントディレクター、サポート業務を担当。
趣味は「料理」「読書」「ダンス」など浅く広く。
絵を描くのが好きで、無心になりたい時は何時間でも描き続ける。
好きな犬種はゴールデンレトリバー。
好きな番組は「月曜から夜ふかし」フェフ姉さんのコーナーが特に好き。