Samsungが3つ折りスマホの特許を取得!

6d9766ede0d7a2e1f94a6850d0aeed2c_s

今まで多くのスマホを発表してきた韓国のSamsungが、3つ折りスマホに関する特許を取得していたことが、USPO(米国特許商標庁)の公開文章より判明しました。

Samsungはすでに2つに折りたためるスマホを発表していますが、新たに3つ折りスマホの特許を取得していた事には驚きましたね。

今回はSamsungが特許を取得した3つ折りスマホに関して、現時点で分かっていることをお話します。

3つ折りスマホならではのメリット

3つ折りスマホの興味深い点は、何といっても折りたたんだ状態でも画面の一部がそのままスマホとして利用できる点です。
2つ折りのスマホは内側に折りたたんでしまうとディスプレイが隠れてしまうため、スマホとして使用するためにはサブディスプレイを搭載する必要がありました。
ですが、3つ折りのスマホはこの問題を「3つ折りスマホならではの構造」で解決しています。

Samsungが見つめるこれからのスマホの形

3つ折りスマホは構造上の問題で、スマホが分厚くなってしまうというデメリットがあります。
このデメリットは2つ折りのスマホにも当てはまりますが「2つ折り」や「3つ折り」という新しいデザインは、スマホの可能性を広げてくれる要素を多く含んでいると個人的には考えています。

またSamsungは開発者向け会議「SDC 2018」にて、2019年から折りたたみスマホを量産させていくことを発表し、さらに毎年新モデルを投入するとも発表しています。
開発を重ねていくうちに、このデメリットの部分も改善されていく可能性は大いにあるでしょう。

終わりに

今回Samsungは3つ折りスマホの特許を取得しましたが、今後どのような展開を見せていくのか楽しみなところです。
Androidスマホの折りたたみは来年2019年より活発になるといわれていますし、次々と進化していくスマホから目が離せませんね。

私たちイーディーエーはAndroidのアプリ開発も行なっています。
アプリ開発にご興味のある方やアプリ開発に携わっていきたい方は、是非イーディーエーまでお問い合わせください!
私たちと一緒に様々なアプリ開発をしていきましょう( ^ω^ )!

笹尾 朋民
アシスタントディレクター、サポート業務を担当。
趣味は「料理」「読書」「ダンス」など浅く広く。
絵を描くのが好きで、無心になりたい時は何時間でも描き続ける。
好きな犬種はゴールデンレトリバー。
好きな番組は「月曜から夜ふかし」フェフ姉さんのコーナーが特に好き。