iPhoneアプリ開発をする際に知っておくべきポイント!

by

名称未設定 18

こんにちは!
イーディーエーの笹尾です( ^ω^ )

今回はSwiftでアプリ開発をする際に知っておくべきポイントを軽くまとめてみました。

開発にはMacが必要

Swiftを使ったiPhoneのアプリ開発はWindowsに対応していません。そのため、Macのパソコンが必要になります。
また、開発中のアプリをテストする際はMac場で動作するシュミレーターもあります。ですが開発中のアプリをテストする際に、テスト用のiPhoneが1台あると便利です。

「Swift Playgrounds」

もしも、これからプログラミングを学びたいとお考えの方で、iPadを持っているという事でしたら
「Swift Playgrounds」というAppleが公開している公式アプリでSwiftを学習する事をオススメします。
この「Swift Playgrounds」でアプリ開発ができるわけではありませんが、複雑なプログラミングを必要とされないためプログラミング初心者がSwiftを初めて触るには丁度いい教材です。

Swiftを学習すると他のプログラミング言語を学ぶ敷居が下がる

Swiftは2014年に発売された比較的新しい言語です。
もちろんSwift以外のプログラミン言語は今も数百種類存在していますが、プログラミング言語がそこまで増えた理由の1つには「IT技術の進歩」があげられます。
例えば、昔はパソコンといえば一部の大企業しか持てない様な高級機材でした。
ですが、昨今では個人が持っていてもなんの驚きもありませんよね。
そして、この様な時代の変化に合わせて、コンピューターに求められる処理や要望も複雑化してきました。
その要望に応える新しい技術や概念が誕生してきた事で、それをサポートするプログラミング言語が必要になり、ここまで増え続けてきたわけです。
そんなプログラミング言語の中でも、Swiftは歴史あるプログラミング言語の良いところを取り入れつつ、弱みをカバーする様に設計されたプログラミング言語です。なのでSwiftを通してRubyやPython、Javaといったプログラミング言語も学びやすくなります。
そのため、そういった言語を学習するためにもSwiftを学習していく事は有効な手段と言えるのです。

Swiftの文法は変わることがある

Swiftは2014年に発表されてから現在までに、大幅な文法の変更が行われることもありました。
もしもSwiftがアップデートされて自分の持っている知識が古くなっている事に気が付いたら、徹底的にネットで調べる必要があります。
そうして、インプットとアウトプットを繰り返していく事で、技術の進歩に取り残される事なくアプリ開発に携わっていく事ができます。

学習する目標を持つ

プログラミングに限った話ではありませんが、目標とそれに伴う手段を決めることは大事です。
こういった目標を持つことでモチベーションを高く維持する事ができ、その目標を達成させるための手段として「Swift」を選択したとしたら、Swiftを学ぶ原動力にもなります。
ただし、初めから複雑な多機能アプリを作るのはハードルが高すぎてしまうので、初めのうちはなるべく単純な内容のアプリ開発をする様にしてください。
あまりに難しいアプリ開発をしようとしてしまうと、完成前に挫折してしまう可能性が高くなりますからね(-ω-;)
それよりも、簡単なアプリを数多く作成する。数多く作成していく事で技術の認識を深め、確実にステップアップしていく事ができます♪

身近に質問できる人がいると良い

アプリ開発に必要な知識という面を見ると、iPhoneアプリ開発では「Swift」+「iOSのルール」この2つで構成されています。
例えば複数の機能を作成する場合「AとBの機能をこの順番で組み合わせる」といった様に、Appleが定めた「作法」を意識して作成する必要があります。
つまり、Swiftの文法知識をどんなに深めたとしても、Swiftだけではアプリを開発することはできません。iOSのルールの知識は必ず必要になります。ある程度アプリ開発の経験を積んでいれば一人でも乗り越えられますが、初心者がSwiftと同時にiOSを学ぶというのは少し難しい事です。
ですから、SwiftとiSOを同時に一人で学ぶのではなく、アプリ開発の経験が豊富な人に質問、相談できる環境があれば、その様な環境が一番理想的な環境でしょう。
本やネットなどでiOSのルールを調べる事も大切ですが、直接教えてもらえる環境があればインプット、アウトプットする事ができますからね。
もし、周りにそういった人がいないという場合は、プログラミングのスクールに通ってみるのも良いでしょう。

終わりに

今回はSwiftでアプリ開発する際に必要なる基本的な事についてお話してきました。
実際に初めてアプリ開発をしてみようとすると、分からない事や学ぶべき事が多くあります。
それは、すでにアプリ開発者として仕事をしている人であったとしても同じです。常に新しい情報のインプットとアウトプットは必要になります。

これからアプリ開発に携わっていきたいとお考えの方や、向上心ある人とアプリ開発をしたいとお考えの方は、是非イーディーエーまでお問い合わせください(・ω・)!

笹尾 朋民
アシスタントディレクター、サポート業務を担当。
趣味は「料理」「読書」「ダンス」など浅く広く。
絵を描くのが好きで、無心になりたい時は何時間でも描き続ける。
好きな犬種はゴールデンレトリバー。
好きな番組は「月曜から夜ふかし」フェフ姉さんのコーナーが特に好き。