水中にドローン!?水に潜れるドローン「Naviator」

サイト画像111

夢の中っていいですよね。
目を覚ましたとき「そんなわけないよね〜」と思ってしまうような、
現実世界では「ありっこない」と思ってしまうような事だって平気でできてしまうんですから。

自分自身、夢の中ではどう動くのか検討もつきません。

でも、それってよくよく考えてみると現実世界でも同じような事が言えて、
これから先、20年、30年先の未来では世界がどう変化していくのかは分かりません。

実際に、今から100年前の世界の人が
空中で撮影できるドローンを見たとしたら……
それは、たとえ科学開発をしているような、
同じ業界の人間であったとしても「ありえない世界の産物」に他ならないでしょう。

ドローンは、今だからこそ当然のように皆さんに知られ、
取材や撮影でも使われているのです。

さて、そんな自由自在に空中撮影ができるドローンですが、
近年、水中を移動できるドローンが開発されている事を皆さんご存知でしょうか?

この水中でも使用できるドローンの名前は「Naviator」

Naviatorは米海軍研究局から、約7500万円もの助成金を受け開発されたドローンで、
通常のドローンと同様、空中飛行も可能。

そして空中からそのまま水に潜り、移動できるようにもなっています。
水中を移動する時は機体が横向きに倒れ、プロペラを推進力に進み、
水面に出るとそのまま空中にも飛び立つこともできる。

………今までこんな飛行物体、夢の中か映画でしか見なかった光景。
まさしく次世代的なドローンですね( ´∀`)

「Naviator」は捜索救助、船が難破したときに背人などを見つけるためスキャンする。
あるいは油が流出した際はその広がりをマッピングするなどの活用が検討されているそうです。

現時点でこの水中ドローン「Naviator」は一般には販売されていませんが、
それも時間の問題でしょう。

私たちイーディーエーはこれからも、柔軟な発想でアプリ開発を行っていきます。
「あんなアプリいいな」「こんなアプリ欲しいな」というアイデアをお持ちの方、
一緒に「アプリ開発」という方法で形にしていきましょう。
アプリ開発ならイーディーエーにご相談ください(*^ω^*)!

笹尾 朋民
アシスタントディレクター、サポート業務を担当。
趣味は「料理」「読書」「ダンス」など浅く広く。
絵を描くのが好きで、無心になりたい時は何時間でも描き続ける。
好きな犬種はゴールデンレトリバー。
好きな番組は「月曜から夜ふかし」フェフ姉さんのコーナーが特に好き。