アプリ開発でも大切な「ペルソナ設定」!

perusona1

さて、タイトルからもお分かりいただけたかと思いますが、本日は目標達成には欠かせない

「ペルソナ設定」についてお話していきます。

まず、皆さん「ペルソナ設定」というはご存知でしょうか?

企画やマーケティングをやったことのある人なら、

「ペルソナ設定」という言葉を一度は聞いた事があるかと思いますが、

ペルソナ設定とは架空の人物を想定し、行動や価値観、

ライフスタイルなどの詳細を設定する事です。

 

例えば、あなたが不特定多数の人に、

美容系の商品を販売していたとしましょう。

 

その商品は値段が高く、スペースもとります。

ですが1度の使用でも効果がすぐに実感でき、

使用方法や手入れも簡単だという強みがあります。

 

ですが、その話を聞いている人の中には

・美容に対して興味がない人

・現状で満足している人

・そもそも高くて購入できない人

・置く場所がない人

など、不特定多数の人をターゲットにしている事で

商品に対して興味を抱かない的外ればターゲット層の人たちもいる訳です。

 

しかし、こういう時こそペルソナ設定!

ペルソナ設定によりターゲットとなる人物を明確にすれば、

耳を傾けてくれる人も断然多くなるわけです。

 

【例】

・基本情報(年齢、性別、居住地など)

・職業や学歴

・1日の生活パターン(起床時間、通勤時間、勤務時間、休日の過ごし方)

・性格(価値観、物の考え方)

・人間関係(恋人・配偶者・子供の有無、家族構成)

・収入、貯蓄性向

・趣味や興味(インドア派orアウトドア派、友人間での流行等)

・流行への感度

など、これらはほんの一部の項目ですが、このような項目を詳細に設定していくと

「架空の人物」の基本情報からライフスタイル、価値観や行動パターンがみえてきます。

 

そして、見えてきたターゲット層の特性を掴むことが出来れば、

「相手が何に悩んでいるのか」「何を求めているのか」

ターゲットとなる人物像が明らかになり、相手に響くキーワードも自ずと見えてくるものです。

 

 

また、人が行動に移す心理には前提として

「悩み」や「解決したい、しなければいけない」などの理由が必ずあるもの。

反対に言ってしまえば、それがなければ人は行動に移そうとは思いません。

 

これはアプリ開発においても同じです。

「いつ」「誰が」「なぜ」「どんな場面」でアプリを必要とするのか。

ターゲット層を明確にする事はとても重要なんです。

 

あなたもアプリをインストールする際、

・スケジュール管理がしたいからスケジュール管理のアプリをダウンロード

・流行のファッション知りたいからファッション系のアプリをダウンロード

・好きな作品のアプリが出ているからダウンロード

・暇つぶしのゲームが欲しいからダウンロード

といったように、何かしらの目的があってアプリをダウンロードをしているはず。

 

むしろペルソナ設定ができていないアプリというのは、

ユーザーの需要を考えていない事と等しいので、

人気のない「売れないアプリ」と言っても過言ではないでしょう。

 

ですからアプリ開発をご依頼された際、

私たちイーディーエーではペルソナ設定を具体的に考え、アプリ開発を行っています。

そして本日もここ、東京イーディーエー本社で必要とされるアプリ開発に勤しんでおります。

 

笹尾 朋民
アシスタントディレクター、サポート業務を担当。
趣味は「料理」「読書」「ダンス」など浅く広く。
絵を描くのが好きで、無心になりたい時は何時間でも描き続ける。
好きな犬種はゴールデンレトリバー。
好きな番組は「月曜から夜ふかし」フェフ姉さんのコーナーが特に好き。