AndroidアプリにFirebaseを導入してみる

by

firebase_logo

おはようございます。プログラマの小林です。
今回は、現在の案件でも使用している、Firebaseについて書きたいと思います。

 

Firebase

Googleから提供されている、mBaaS(mobile backend as a service)です。
導入すると以下のような機能を使用することができます。

  • ユーザー解析
  • ユーザー認証
  • リアルタイムデータベース
  • プッシュ通知
  • クラッシュレポート

他にも様々な機能が使用できます。
今回は導入と、簡単にクラッシュレポート機能を解説します。

 

Firebase Console

まずは以下の2つをやっていきます。

  1. プロジェクトの作成
  2. 設定ファイルのダウンロード

Firebase Consoleに入ったらまず、プロジェクトを作成します。
スクリーンショット 2017-05-09 11.27.37

スクリーンショット 2017-05-09 11.29.39

プロジェクトの作成が終わると、プロジェクトの管理画面が表示されます。

今回はAndroidアプリに導入するので、「AndroidアプリにFirebaseを追加」を選択します。

スクリーンショット 2017-05-09 11.30.36

作成したいアプリケーションのパッケージ名を設定します。

スクリーンショット 2017-05-09 11.31.58

Firebaseの導入に必要な設定ファイルをダウンロードします。

スクリーンショット 2017-05-09 11.33.05

その後は手順に従って進めていくと、アプリケーションが追加されているはずです。

スクリーンショット 2017-05-09 11.34.57

 

Firebase SDKを導入

次に、Androidアプリ側にFirebaseを導入していきます。

まず、Android Studioで、先に追加したアプリのパッケージ名と同じパッケージ名のアプリのプロジェクトを作成します。

スクリーンショット 2017-05-09 12.07.57

プロジェクトのapp直下にFirebase Consoleから取得した設定ファイル(google-services.json)をコピーします。

スクリーンショット 2017-05-09 12.21.29

ビルドファイルにFirebaseの設定を記述していきます。

トップレベル(プロジェクト/build.gradle)

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:2.3.1'
        classpath 'com.google.gms:google-services:3.0.0' // この行を追加
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

task clean(type: Delete) {
    delete rootProject.buildDir
}

アプリレベル(プロジェクト/app/build.gradle)

apply plugin: 'com.android.application'

android {
    compileSdkVersion 25
    buildToolsVersion "25.0.3"
    defaultConfig {
        applicationId "com.eda.firebase"
        minSdkVersion 21
        targetSdkVersion 25
        versionCode 1
        versionName "1.0"
        testInstrumentationRunner "android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner"
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
}

// バージョン定義
def supportLibVersion = '25.3.1'
def googleLibVersion = '10.2.4'

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    androidTestCompile('com.android.support.test.espresso:espresso-core:2.2.2', {
        exclude group: 'com.android.support', module: 'support-annotations'
    })
    compile "com.android.support:appcompat-v7:${supportLibVersion}"
    compile 'com.android.support.constraint:constraint-layout:1.0.2'
    testCompile 'junit:junit:4.12'

    // Firebase
    compile "com.google.firebase:firebase-core:${googleLibVersion}"
    compile "com.google.firebase:firebase-crash:${googleLibVersion}" // 今回はcrashを使う
}

apply plugin: 'com.google.gms.google-services' // 最後に記述する

 

Firebase Crashを試す

アプリがクラッシュしたり、例外をキャッチした時に、Firebase Crashを導入していると、

エラーログを送信してくれます。これはFirebase Consoleから確認できます。

以下はテストコードです。

package com.eda.firebase;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.View;

import com.google.firebase.crash.FirebaseCrash;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        View view = null;

        try {
            view.setEnabled(true);
        } catch(Exception e) {
            FirebaseCrash.logcat(Log.ERROR, "MainActivity", e.getMessage());
            FirebaseCrash.report(e); // 非致命的なエラー
        }

        // ここでアプリが落ちる
        view.setEnabled(true);// 致命的なエラー
        
    }
}

アプリが落ちたのを確認した後1~2分後には、Consoleでは以下のように表示されます。

スクリーンショット 2017-05-09 12.58.09

スクリーンショット 2017-05-09 13.02.01

「非致命的」というのが、コード内でtry catchで囲まれている部分です。

「致命的」というのは、onCreateの最後で実行している部分です。アプリが落ちるエラーの場合、こちらになります。

 

まとめ

Firebaseは最近はCould Functionの機能も追加され、ますますバックエンドとしての
機能が充実してきています。
皆さんもFirebaseを導入して、アプリ開発をどんどん楽にしていきましょう。

小林良
2014年10月にEDAで1ヶ月間インターン研修を受けた縁で
2016年4月入社。入社前は専門学校でプログラムを専攻。
好きな言語はC++、グラフィックスAPIはOpenGL。
最近はマルチスレッドのパターンを勉強中。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ開発会社です。
一般アプリ、業務用アプリからVRまで開発可能。

ライター一覧

求人情報

スマホアプリ開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00