【Unity+Vuforia】ARアプリを作ってみよう!!

iPhonecamera9V9A2111_TP_V

こんにちは、鶴本です。

今回はUnityとVuforiaというライブラリを用いて簡単なARアプリを作ってみたいと思います。

Vuforiaとは?

VuforiaとはQualcomm社が提供するARを作成するためのライブラリです。

Vuforiaは平面のマーカーだけでなく、立体マーカー、3Dモデル、クラウドでの認識などもできます。しかも無料です。

このライブラリを使えば簡単にARアプリを作成することができます。では早速作ってみます。

アカウント登録

まずはアカウントを登録しましょう。VuforiaのDeveloper Portalにアクセスして、サイト右上の「Register」ボタンから登録ページへ行けます。

SDKの取得

Developer PortalにてUnity用のSDKをダウンロードしましょう。
「Downloads」メニューの「Download for Unity」からダウンロードできます。

ライセンスキーの取得

Voforiaを使用してアプリを開発する場合はアプリごとのライセンスキーが必要になります。
Developの「License Manager」からライセンスキーを取得します。
取得したライセンスキーはUnity側の設定で使用します。

ARマーカーの登録

次に認識するマーカーの登録を行ないます。
Vuforiaでは登録するマーカーは一つのDatabaseで管理され、アプリで使用する場合はDatabase単位で読み込みます。
Databaseの作成は、Developの「Target Manager」の「Add Database」から行えます。このとき登録するマーカーは、アプリ内に保持するのか、クラウドで管理されるのか選択できます。今回はアプリ内に保持する「Device」を選択しました。
次にマーカーの登録を行います。作成したDatabaseを選択するとDatabaseに登録されてあるマーカー一覧が表示されるので、「Add Target」から登録するマーカーの設定を行います。今回は「Single Image」を選択しました。

作成できたら「Download Database」からDatabaseのパッケージをダウンロードします。プラットフォームは「Unity Editor」を選択しましょう。
「Vuforia SDK」「ライセンスキー」「Databaseのパッケージ」が取得できていればVuforia側の設定は完了となります。

Unityの設定

次にUnity側の設定を行なっていきます。
まずは「Vuforia SDK」と「Databaseのパッケージ」をプロジェクトにインポートしましょう。
次にAssets->Vuforia->Prefabsフォルダ内のImageTarget,ARCameraプレハブをHierarchyに追加して以下の設定を行います。

ImageTargetの設定

Inspectorにある「Database」に作成したDatabaseを選択します。
「Image Target」にはDatabaseの中から認識させたい画像を設定して、マーカーの作成は完了です。

Image_Target

ARCameraの設定

Inspectorにある「App License Key」に先ほど取得したライセンスキーを入力します。
次に「Load “Database名”」と「Activate」にチェックを入れましょう。これで作成したDatabaseにあるマーカーをカメラが認識するようになります。

ARCamera

3Dオブジェクトを設定

マーカーを認識させた後に表示する3Dオブジェクトを設定します。
カメラがマーカーを認識させた後に表示するために、モデルを「Image Target」の子オブジェクトに設定します。モデルを「Image Target」の上にドラッグ&ドロップすると子オブジェクトに設定できます。
今回は表示する3Dオブジェクトは、「Asset Store」からダウンロードしてきた「Space Robot Kyle」としています。

全体

ビルドする

ここまで設定できたらSceneを保存してビルドしましょう。
「File」->「Build Setting」からビルドするSceneを追加しiOS用にビルドします。

Build

アプリの完成

では実際にマーカーを認識させ3Dオブジェクトを表示させてみます。
マーカーを認識して3Dオブジェクトが表示されました。
app

終わりに

今回はUnityとVuforiaを用いてARアプリの作成を行いました。
ここまでできればあとは3Dオブジェクトを操作したりアニメーションを加えたりアイデア次第で面白いものが作れると思います。
以上です。

鶴本 賢太朗
システム開発事業部のiOSの開発担当。
Swift,Objective-Cを用いての開発がメイン。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ開発会社です。
一般アプリ、業務用アプリからVRまで開発可能。

ライター一覧

求人情報

スマホアプリ開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00