とりあえずiOS/AndroidのOSバージョンシェアをチェックしたい人に送る、いまどれくらい?の割合

忙しい人のための

仕事上しょっちゅう聞かれるので、iOSとAndroidのOSバージョンシェアを頻繁に確認してます。
それぞれデベロッパーサイト上で公開されているので、誰でも簡単に確認することができるのはご存知でしょうか?

それぞれ現時点では以下のようになってます。

iOSのバージョン(2016/5/9時点の情報)

  • iOS9 84%
  • iOS8 11%
  • その他 5%
Androidのバージョン(2016/5/2時点の情報)
  • Android6 7.5%
  • Android5 35.6%
  • Android4 52.6%(そのうち、4.4が32.5%)
  • Android2 2.3%

iOSは9が84%と、かなり多くのかたが最新のバージョンにアップデートしています。
逆にAndroidのほうはiOS9が出たのとほぼ変わらない時期に6が出ましたが、未だにシェアは7%台です。
秋頃のリリースをターゲットに開発を始めるのであれば、iOSの対応OSは9以降、Androidは4.4以降からが良さそうです。

恐らく9月に新しいバージョン(iOS10)がリリースされます。
OSの移行率は非常に高いので、iOS8への対応は工数に比べると大きい恩恵は受けられないと思われます。
逆にAndroid4.4は緩くユーザー数が現象しているので、しばらくは動作環境として担保する必要があります。

iOSバージョンシェア情報
https://developer.apple.com/support/app-store/

Androidのバージョンシェア情報
https://developer.android.com/about/dashboards/index.html

小宮 保人
ディレクターという名の何でも屋。営業から設計やテストまで守備範囲は広く、守りは浅く。IT業界へはWebデザイナーとして関わり始め、Webディレクターを経て現在に至る。17時以降は育児タイムの兼業主夫。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ開発会社です。
一般アプリ、業務用アプリからVRまで開発可能。

ライター一覧

求人情報

スマホアプリ開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00