KnockoutでサクっとWebサービスを作ろう

by

CAT9V9A9145_TP_V

サーバー開発担当の木下です。
昨日、GitLab.comで、SQLサーバーの操作ミスによって本番データをほぼ全部失うというトラブルがあったようです。幸いリポジトリ本体は無傷で、偶然取ってあった6時間前のスナップショットから復元できたとのことでした。細かな分析はこれからされていくことと思いますが、データベースの操作を担当する者としては気の引き締まる思いでした・・・

さて今回は、最近活用しているJavaScriptライブラリーの「Knockout」についてです。

Knockoutとは

MITライセンスとしてオープンソースで開発が進められている、JavaScriptライブラリーの1つです。MVVMパターンのVMをKnockoutで構築します。
いくつか特徴を上げてみます。

  • リッチなAjaxページを構築できるにもかかわらず、最新版(v3.4.1)で60kBという軽量さ
  • 双方向バインディング・UIの再描画に特化しているため、シンプルにコーディングできる
  • View(HTML)に出てくるHTML属性は”data-bind”だけなので、デザイナーさんとの並行作業がしやすい
  • jQueryと共存できる

他のJavaScriptフレームワークと大きく異なるのは、”data-bind”の部分だと思います。例えばAngularの場合、HTML側に”ng-model”, “ng-repeat”などたくさんの属性が現れます。昨年ごろから人気が出始めたVue.jsの場合、”v-model”, “v-on:keyup.enter”など、更に多様化してきます。HTMLタグの属性で処理を切り分けようというアプローチは悪くないと思いますが、可読性は落ちますし、ModelやViewModelに触れないデザイナーさんにとっては挙動が読みにくくなる原因になりそうです。
これに対してKnockoutの場合、属性は”data-bind”のみで、その中で処理を切り分けます。<span data-bind='text: hogehoge'>とか、<button data-bind='click: hogehoge'>といった具合です。Viewの可読性は確保しつつ、コーディングも円滑にすすめることができる、ちょうど良い落とし所なのが気に入っています。

実際に、Knockoutを使って簡単なウェブページを構築してみましょう。

Knockoutを使ってみる

とりあえず、JSで入力した値をHTMLに表示させてみましょう。

index.html

// Knockoutライブラリーの取得
<script type='text/javascript' src='https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/knockout/3.4.1/knockout-min.js'></script>
// JSスクリプトの取得
<script type='text/javascript' src='./sample.js'></script>

// バインディング
<span data-bind="text: name"></span>

// 使用するクラスの宣言
<script>
    ko.applyBindings(new sampleViewModel());
</script>

sample.js

// クラスの中身
function sampleViewModel() {
	var self = this;

	// self.nameをバインディングできる変数として宣言、'きのした'を初期値にセット
	self.name = ko.observable('きのした');
}

index.htmlの出力
1

たったこれだけで、JSで設定した値をHTMLに表示することができました。
ただ、これだけでは面白くないので、PHPを使って「ひらがなで入力された値をカタカナに変換して表示する」ページを作ってみましょう。

index.html

<script type='text/javascript' src='https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/knockout/3.4.1/knockout-min.js'></script>
// $.getJSONを使うのでjQueryもインクルードしましょう
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.1.1/jquery.min.js"></script>
<script type='text/javascript' src='sample.js'></script>

// フォームを作成
<form>
    ひらがな:<input type="text" data-bind="value: hiragana">
    <button type="button" data-bind="click: execute">変換する</button>
</form>

// 出力先も作成
カタカナ:<span data-bind="text: katakana"></span>

<script>
    ko.applyBindings(new sampleViewModel());
</script>

sample.js

	function sampleViewModel() {
		var self = this;

		// 入力フォームのテキストボックスと出力先を、バインディング可能な変数として宣言
		self.hiragana = ko.observable();
		self.katakana = ko.observable();

		// 「変換する」ボタンの挙動を設定
		self.execute = function(){
			// jQueryのgetJSONでPHPに投げる
			$.getJSON("./convert.php", {value: self.hiragana()}, function(res){
				// PHPからのレスポンスをself.katakanaにバインディング
				self.katakana(res);
			});
		}
	}

convert.php

<?php
echo json_encode(mb_convert_kana($_REQUEST['value'], "C", "UTF-8"));

index.htmlの出力
out

ちゃんとひらがなをカタカナに変換することができました。HTMLもスッキリしていて、いい感じです。PHP側でDBへの接続などをすることで、CMSをシンプルに構築していくことができるでしょう。

JavaScriptライブラリー戦国時代を生き抜こう

今回ご紹介したKnockoutは、簡単な管理画面などのCMSにちょうどよいライブラリーではないかと思います。しかし、もっと大規模なシステムを、できるだけJS側をメインにして開発したいということであれば、AngularやReact.jsなどのほうが向いているかもしれません。
作りたいものやプロジェクトメンバーの構成などに合わせて、最適なライブラリーを選択することによって、開発効率を上げていきましょう!

木下 晴晶
e.d.aではWeb全般の開発を担当。Plamo->Fedora->Ubuntu->CentOS->Ubuntuと移り住んできたLinux好き。趣味はゆったりした鉄道旅行。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ開発会社です。
一般アプリ、業務用アプリからVRまで開発可能。

ライター一覧

求人情報

スマホアプリ開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00