Xcode8での証明書の取り込み・管理方法

yuki_accyonburike15114524_tp_v

こんにちは、エンジニアの松川です。

Xcode8がリリースされてから約1ヶ月経ちましたが、皆さん慣れてきましたか!
僕は触った当初は主にGlobalの設定やBuild Setting周りが大幅に変更されていたので戸惑いましたが、大分操作に慣れてきました!
今回のアップデートでエディタや拡張機能の追加、デバッガの改善、フォントの変更など多数の修正が行われていますが、今日は証明書周りを自動化してくれる「Automatically manage signing」について書きたいと思います。
では、さっそくいってみましょう。

 

今までの証明書の取り込み・管理方法

まず、今までの証明書の共有やダウンロードは下記のような方法で行なっていました
※別のPCで証明書が作成されている想定

  • Certificateの作成者がキーチェーンアクセスで.p12ファイルを作成して共有する必要がある
  • XcodeからApple Developerアカウントを連携してProvisioning Profileをダウンロード(.p12ファイルは別途取り込んでおく必要あり)
  • Apple DeveloperのサイトからProvisioning Profileをダウンロード(.p12ファイルは別途取り込んでおく必要あり)

次に証明書を管理するアプリケーションは下記を使用

  • iPhone構成ユーティリティ
  • Apple Configurator2

 

問題点

  • 万が一.p12ファイルを紛失した場合は、再度Certificateを作成する必要がある
  • Provisioning Profileを読み込んだ際に、Certificateと紐づかない時があるが原因がわかりにくい
  • iPhone構成ユーティリティはEl Capitanまで使用していたが、macOS Sierraでは起動時にクラッシュしてしまうため使用できない
  • Apple Configurator2はPCに端末を接続していないと証明書を取り込めない
  • そもそもが証明書を手動でダウンロードして設定する方法がdeprecatedになっている

 

Automatically manage signing

Xcode8からできた機能で、この項目にチェックをつけると自動的に証明書の作成・更新を行ってくれます。
※証明書の作成とは、.p12ファイルの作成を意味します
証明書ファイルのやり取りが一切不要!
またProvisioning Profileの詳細な情報・状態も確認できるので、何でエラーが出ているのかがわかりやすくなりました!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-15-19-16

 

最後に

証明書の手動設定が非推奨になっていることから、今後はこのやり方が主流になっていくと思います。

今までは1つのプロジェクトを共有する際に、証明書を各自が読み込んでいないとビルドできなかったり、持ってない証明書が設定してあってエラーが出たりと意外と手がかかっている箇所でした。
「Automatically manage signing」を使用する事で証明書の設定をAutomaticにしておけばいいので、アカウントさえ共有されてれば証明書関係でビルドエラーになる事はありませんし証明書のやり取りといったコミュニケーションコストも減ります。

今後プロジェクトのアップデートがあるタイミングで、証明書の設定方法のアップデートも検討してみてはどうでしょうか。

Teruhiro Matsukawa
iOS/Androidの開発を担当してます。
日々、体脂肪率と奮闘中です。
糖質取りすぎダメ、絶対。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ開発会社です。
一般アプリ、業務用アプリからVRまで開発可能。

ライター一覧

求人情報

スマホアプリ開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00