Android7のシェアが10%超え、4.4は未だ17%

イメージ001

最近の案件ではAndroidの対応OSについて話をする際に、4系を対象外にする話が増えてきたなと感じます。

ディレクターの小宮です。
Android7系のOSシェアが、ようやく10%まで到達したみたいです。

Google、Androidのバージョン別利用台数シェアを2017年7月時点に更新!Android 7.x Nougatのシェアがようやく10%台へ突入

最新OSのシェアが既に80%超えなiOSと比較すると、Android7はリリースから1年近くかかってようやく10%超えという…
複数メーカーが絡んでいるためにアップデート時間がかかってしまうのが現状。
Android4.4は未だに17%も生き残っています。

単純なOSシェアの比較だけだと歴然とした差がありますが、Googleも手をこまねいているわけではないです。
先月、Android Oneという取り組みの4機目となるX1が発売されました。

Android Oneって何かというと、最新OSを素早く提供するための仕組みです。
今まではGoogleが作ったOSを各端末メーカーがカスタマイズしてから端末に組み込んでたんで、アップデートにとても時間がかかったりそもそもアップデートされなかったりしました。
それを解決する仕組みがAndroid Oneです。

新しい Android One のスマートフォン X1 が登場

と言っても、家電量販店なんかで積極的に売られている端末は各メーカーが精を出してカスタマイズしてるOSを積んでるので、Android Oneの思想が浸透するのはまだ先になりそうです。
秋頃にはAndroid8がリリースされるので、はてさてどうなることやら…?

小宮 保人
ディレクターという名の何でも屋。営業から設計やテストまで守備範囲は広く、守りは浅く。IT業界へはWebデザイナーとして関わり始め、Webディレクターを経て現在に至る。17時以降は育児タイムの兼業主夫。

Egg Device Application

東京品川のスマホアプリ開発会社です。
一般アプリ、業務用アプリからVRまで開発可能。

ライター一覧

求人情報

スマホアプリ開発の
相談を受け付けています

メールでのご相談

お電話でのご相談
TEL 03-5422-7524
平日10:00~18:00